Fホルモン注射とは?

男性ホルモンを、定期的に投与します。主に筋肉注射が多いですが、

使用されるテストステロン製剤にはさまざまな種類があります。
また、投与の間隔と投与量は個人差があり、適切量は医師と相談しながら決定していくことが必要です。

 

テストステロン製剤種類

短期作用型 男性ホルモン 

テスチノンデポー 125 mg / 250 mg

エナモルモンデポー 125 mg / 250 mg など

長期作用型 男性ホルモン

ネビド 500 mg など

 

何科受診する?

婦人科・産婦人科・泌尿器科・ジェンダークリニック等で投与・治療可能です。HP等に記載されていない場合は、診察曜日が決まっている、取り寄せが必要、などの可能性もあるので、電話でのご確認をして頂く方が安全です。ホルモン投与には、病院からの紹介状、GID診断書が必要な場合があります

 

作用副作用

作用

・月経停止

・男性型体型(皮下脂肪型→体脂肪型)

・乳房萎縮、​子宮の萎縮、卵巣無機能化

・筋肉増強

・陰核肥大

・声の低音化

・性欲の亢進 など

 

副作用

・深部静脈血栓症

・心不全

・心筋梗塞、脳梗塞

・肝機能障害

・多血症

・著明な体重増加(血清コレステロールの上昇)

・多毛

・色素沈着、皮膚の乾燥、皮脂分泌増加によるニキビ

・頭髪の減少 など​

​定期的な検診をお勧めしている医院やクリニックもあります。

 
あれこれFTM06.png

​Contentsへもどる

  • Instagram
  • インスタグラム